伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -剪定

剪定

剪定とは、樹木などの植物を望ましい形にするために、枝などを切ってしまうことを言います。 山や森林などの自然な場所で、自生している木々は、人が手も入れていないのに、大きく育って、大きな花や、果樹を付けています。 そう考えると、庭の木も剪定をしなくても、すくすくと元気に育ってくれるのではないか?と思うのではないでしょうか? 仮に剪定をせずに、庭の木を好きなようにさせていたら、庭は大変なことになってしまいます。 山や森林などの広い場所ではない、狭い庭では、木々がお互いに栄養を取り合おうとし、どれも枯れてしまったり、反対に庭に隙間がないくらいに、木々がうっそうと生い茂り、日当たり、風通しの悪い庭になってしまいます。 風通しが悪く、日当たりの悪い庭は、庭全体に害虫が発生する原因になりかねません。 害虫のいるような庭を好きな人はいないと思うので、そういった害虫を発生させないためにも、庭の木は、やはり、その庭の広さに合わせた大きさでいてもらうほうがよいといえます。 そのためには、庭の健康診断をかねた剪定が大切になってきます。 剪定をすることで、木々はより元気に成長し、きれいな花や果樹をつけ、庭も元気になり、庭の見栄えもよくなるのです。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ