伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -造園

造園

造園とは、庭園などに、空間を作ることを言います。 わたしは、ガーデニングにとても興味があり、マンションの狭いベランダで、小さなガーデニングを楽しんでいます。 季節に応じて、園芸店で花や、鉢で育てられる果樹を購入してきて、楽しんでいます。 最近では、私の影響で、5歳の娘も草花が大好きになり、ベランダの花の水やりはもちろん、マンションの駐車場横の、雑草とよばれる草花にまで水やりをしています。 そんな私が昔から、気になっている職業は造園業です。 公園などで、きれいに造園されている場所をみつけると、必ず足を止めてしまいます。 どのような設計士が、どんな目的で、デザインしたのか、この花はなんて名前なのかなど、いろいろ考えてしまいます。 ガーデンデザイナーの職業にも憧れていて、生活に潤いを与える空間、庭を一度デザインしてみたいと考えています。 ですが、造園の知識がないために、小さなベランダでのガーデニング娘とともに楽しんでいます。 もし、我が家に庭があれば、映画や本などで目にする、イングリッシュガーデンと呼ばれるレンガを用いた造園にチャレンジしてみたいと思っています。 造園とは、ほど遠い我が家のベランダガーデニングですが、近くで季節を感じられるところがとても気に入っています。 樹木を切り倒し綺麗にしようと考えた時に気になるのが伐採料金の相場価格ですよね。 樹木の処理は個人で行うのには危険性が高いですから、やはり安心安全のプロフェッショナルに頼むのが好ましいですね。 作業を依頼したい樹木の種類や場所が同じであることはあり得ません。 樹木の伐採料金はどのように決められていくものなのでしょうか。 大抵の場合、まずは木の大きさをチェックします。 1メートルの木を切るのと10メートルの木を切るのとでは、労力が大きく異なります。 伐採料金を知るために木の高さを測る時は地面からてっぺんまでを計測する必要があります。 そのため、確実な数字は業者にしかだせないといっても良いでしょう。 しかし太さなら自分でも把握する事が出来ますから、幹の太さを計測して置きましょう。 このように樹木の伐採料金は木の状態から割り出される部分があります。 そしてそこに、工賃が加えられ、場所の安全性を考慮する必要があります。 住宅密集地と、校庭の真ん中にあるような木とでは、安全性が異なるのです。 これらを組み合わせて計算することで、樹木の伐採料金を知ることが出来ます。 工賃がいくらであるのか分かれば、価格が高いのか低いのか判断しやすくなりますね。 すから複数の業者に見積もりを出してもらうのが一般的でしょう。 10メートルを越える木の場合、伐採料金は15万から20万円程度かかることが多いです。 しかし、これはあくまでも平均的な価格ですから、ケースごとに費用は異なります。 見積もりを依頼するのはタダで行うことが出来るばあいが多いですから、しっかり行いましょう。 伐採料金が適切かどうか判断する事が出来るようになりますね。 安心安全に作業を行ってもらうためにも、自分でも知識を身に付けて置くことは大切なのです。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ