伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -伐採積算

伐採積算

業者や行政の伐採の積算はどのように決まるか。某依頼者のケースをみてみよう。依頼者は3mくらいある庭木を数本、根元から伐採を求めている。伐採の積算はどうなるのだろうか。伐採以外に処分費用がかかるので、業者に依頼する場合は高額になるだろう。処分費用だけを自己負担にする、数メートルの庭木は各自で処理し処分は行政や業者に依頼する、という選択もできるのではないか。土木、伐採や除草の積算には、範囲で測定し計上する場合がある。ここで問題になるのは、対象になる木や草の高さ、それに密集率に関係なく範囲だけの測定方法では、施行する側にとって労働量が大きく違ってくるだろう。別の例では密集度や草木の高さは関係なく、単位重量の計上が伐採の積算とするケースもある。これら別々の伐採の積算方法が存在している事が理解できる。企業が行う伐採の積算も、除草、抜根、伐採と範囲の単位で積算するか重量で積算するか設定が分かれるだろう。実際、行政では㎡の単位を基準と設定され積算がなされている。伐倒や片付けを含む歩掛の基準として、何cm以上、何cm未満として設定されている。個人の依頼するケースは小規模な範囲が多いと思われ、設定の単位以下というケースもあるのでは。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ