伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -森伐採

森伐採

森の伐採はどのように行われているか。それぞれの時代や場所で、伐採が多く行われている時期をみてみよう。18世紀後半にイギリスからはじまった産業革命の背景の一つに森の伐採が多く行われている。燃料として使用していた木炭の消費により森林資源の枯渇が進み、代替燃料として当時まだ扱いが困難だった石炭への転換が進められた。日本では、戦後高度経済成長に伴う木材需要に対応するため、多くの森が伐採され、住宅や家具材に消費されてきた。こうして森の伐採された所にスギなど大量に植林された。アフリカや中南米の熱帯地域では、木質燃料の消費が高く、薪炭材の利用が急増している。これらの地域は、貧困のためエネルギー源は安価な薪炭材に頼らざるを得ず、熱効率の悪いカマドが使用されているためもあり、人口増加が伴って家庭用エネルギー源として薪炭材利用が増加している。アフリカや中南米は、エネルギー資源として森を伐採している。他に後進国は、焼畑農業として森林伐採が行われている。他の様々な各地で、経済や産業の発展に伴う森の伐採が増加する仕組みがある。森林の保全が、現在の経済成長で生まれた企業の取り組む部分だと思う。以上の循環が現在の問題の何かしらの答えが出るだろうと思う。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ