伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -シュロ伐採

シュロ伐採

棕櫚はヤシ科の植物であり常縁高木である。排水良好な土地を好み、乾湿、陰陽の土地条件を選ばず、耐火性、耐潮性も併せ持つ強健な樹種である。生育は遅く、管理が少なく済むため、手間がかからない。熱帯地域でよく見かけるイメージがあり、シェロは庭園で装飾樹として用いられている。実際シュロの伐採にはどんな道具が必要だろうか。シュロの伐採の際、幹はあまり硬くないので小型なシュロなら剪定用のノコギリでも簡単に切れる。チェンソーを使用時は、シュロの毛が詰まる場合があるが外せば手入れできる。シュロの伐採方法はどうだろう。大きいシュロは、少し高めの位置にロープを縛りつけ倒す方向に引っ張っていく。ロープを引っ張っている逆側をチェンソーで切る。すべて切り終える前にロープを徐々に引っ張っていく。シュロの伐採前に毛が邪魔になるので、先に削除する。鉈で切り込みを入れれば、そこから簡単に毛を剥ぎ取ることができる。鉈は体の外に向かって斜めに切り込む。スナップで叩き込むようにいれれば簡単に深く入り、比較的安全な方法だ。シュロの伐採についてみてきたが、この木は手間がかからなく大きく成長するので、敷地や様々なスペースで邪魔になる可能性もあるだろう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ