伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -植木の伐採

植木の伐採

植木伐採は主に、観賞用または造園を目的として庭に植えられているものが大きくなりすぎ手入れが出来なくなってしまったり、近隣住宅の敷地内まで枝葉が及び日当たりを妨げたり落葉による迷惑や、強風による倒木の恐れがある場合は、植木の伐採が必要になってきます。 本来なら定期的に剪定をして良い状態で維持管理出来るのが理想ですが、剪定作業には手間やお金がかかることも多く、大きく育ちすぎて手に負えなくなった植木の伐採をする人も多いのです。 植木伐採は、地表に出ている木の幹を切り、根を残す方法と木の根を掘り取る伐根という方法があります。 根を残す場合、まずは周囲への影響を考え必要であれば木の上部の枝を鋸(のこぎり)や鉈(なた)で切り落とし短くしてから、倒す伐倒方向や位置を確認してチェンソー等を使い木の幹を切り込んでいきます。 植木伐採作業では、小さな木でも重量は大きいので細心の注意を払って作業する必要があります。 その後、残った根を掘り起こす伐根は切り出した木の大きさによって根の張り方も変わってくるので小さなものなら剣先スコップや手斧(ておの)などで細めの根なら切ることが可能です。 また、大きめな植木伐採後の伐根には広範囲に根が張っていてもスコップではわかり難いのでレバーブロックを使い幹を引っ張って根の位置を確認してからチェンソーで切る方法のほかに建造物の近くの植木を伐採した場合は、根がその建造物まで及んでいる場合があり伐根方法を間違えると、建物の破損などを引き起こす場合がありますので注意が必要ですし完全な伐根が不可能となることも十分に考えられます。 また、植木伐採後、伐根せずに切り株の成長を薬剤で止める方法もあります。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ