伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -環境問題森林破壊

環境問題森林破壊

日本の環境問題の森林破壊について述べます。戦後の日本では建築等の為、木材の需要が急激に増え、政府は木材の為の人工林を増やすという政策を施行しました。これにより全国で天然林の伐採・植樹が行われ人工林が増えました。この事に問題はなく環境問題である森林破壊には繋がりません。しかし人工林が放置されることになったのです。その理由は木材の輸入です。木材の需要が増えた日本は海外から輸入するようになりました。海外産の木材は国内産より安い為、国産の木材が売れなくなったのです。その結果見切りをつける林業者が増え、環境問題である森林破壊を招く放置林が増えたのです。本来手入れの行われている人工林であれば餌資源となるイチゴなどの下層植生や、ドングリなどの広葉樹も侵入し、針広混交林となります。しかし放置林は木の密度が高いためそれらが侵入できず、動物の餌資源が少なくなってしまいます。また、木の密度が高いと樹木が太くならず、上手に育たないため、不健全な森林になってしまいます。下手に手を付けることが環境問題の森林破壊につながりかねません。しかし人工林を放置すると森林は死んでしまいます。これが木を切らないことで起こった日本の環境問題である森林破壊です。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ