伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -伐採の方法とは

伐採の方法とは

木を切るには、不要、もしくは大きくなりすぎた庭木の作業から、木材として収益を確保する目的での森林、山林での作業、開発のための作業や樹木の生育を促すため間引く目的での作業など、伐採方法は様々でその場所や木の大きさ、作業する数に応じて作業を行います。 そのため、その都度使う道具や機械なども伐採方法によって変わってきますが基本的にはチェンソー、鉈(なた)、鋸(のこぎり)、梯子もしくは脚立、ウインチ類、ロープ、そして、必要に応じて、楔(くさび)やハンマー、ワイヤー等も使用する場合があります。 主に傾斜のある山林ではチェンソーを使った伐採方法が一般的ですがそのためには木を切り倒すための十分なスペースが必要となり、また切り倒した時の衝撃が大きく万が一、人や建物が巻き込まれると甚大な被害が生じる場合もあるので注意が必要です。 また、木の上部の枝から徐々に切り落としていく伐採方法は、高所作業であるゆえ転落の危険はあるものの、その点に注意を払えば比較的安全に作業が出来ますが作業量と時間が多くなります。 そして、非常に狭い場所にある木を切るに当たり前述の伐採方法では困難な場合はクレーンを使用して吊り上げによる伐採方法もありますが、専門的な知識が必要になるため業者に依頼するケースがほとんどです。 その他には、チェンソーで切り倒す方向が調整出来ない場合は、予め危険な方向に倒れないよう木にワイヤーを張りウインチで引きながら倒す伐採方法も場合によっては用いられています。 木を切るのには、経験豊富な熟練者でも作業中の予期せぬ事故で命を落とすケースが多く 伐採方法を間違えると死亡事故に直結する非常に危険な作業ですのでしっかりとした安全対策を行うことが大切です。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ