伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -伐採でよくある失敗

伐採でよくある失敗

もしも伐採を失敗してしまうと

このコラムでは、伐採の時によくある失敗について見ていきます。
庭木が大きくなりすぎたり、枯れてしまったりと伐採をしないといけない場面は多数あることでしょう。大きな木はガーデニングの邪魔になってしまうのでどうしても伐採が必要です。枯れ木や腐れ木も伐採しないといけません。
しかし、この作業で失敗をしてしまうとどうなってしまうのでしょうか。大きな庭木であっても小さな庭木の伐採の時であっても失敗することはありますので、木の大きさや種類、本数などで作業が簡単であるという判断はしない方が良いでしょう。
だからこそ、木を切り倒すのであれば造園業の業者や庭師に依頼をした方が良いのです。慣れている庭師や造園業者であれば施工方法を工夫し、これから挙げる失敗についても気をつけてやってくれます。
失敗についてよく知っておき、自宅の庭木ではそういったことを起こさないように気をつけないといけません。

どういった失敗があるのか

1.倒す方向を間違えた、失敗した特に大きな木についてです。大きな庭木の伐採をするとなると倒す方向を間違えれば家を壊してしまうかもしれませんし、車を壊してしまうかもしれません。
最悪なのは人の上に木を倒してしまうかもしれないということです。家を壊す可能性がある重さのものが倒れてきたら、命に関わる危険もあります。

2.のこぎりやチェーンソーの扱いを間違えた
伐採の時にはのこぎりやチェーンソーで庭木に刃を入れていきますが、普段ガーデニングで慣れているからといってその勝手でやってしまうとケガをしてしまうかもしれません。
特に自分で剪定をされている方は自分でやってしまうかもしれませんが、もちろん枝と幹では切る時の感覚は違います。刃が上手く通らず、下手に力を入れてしまって手元が狂い、自分を傷つける可能性もあるのです。

3.電線に木が引っかかってしまった
倒れた木が電線に引っかかって切断する危険が考えられます。付近一帯の停電につながる恐れもある重大な事故です。
こちらも木を倒す方向を間違えた、予測が狂ってしまったことによって起こってしまうのです。

4.片付けが大変
これは作業自体の失敗ではありませんが、伐採をした後には切り倒した木が残ります。大きな木は処分に困りますし、小さな庭木であってもそれが大量にあれば困ってしまうでしょう。
ガーデニングをやられている方は分かるかと思いますが、低木であっても枝葉の量は意外とあるものです。これを処分するとなると大変で、思っていた以上に時間がかかる可能性があります。
これも事前の想像を間違えた失敗といって良いでしょう。

失敗しないようにするためには

幾つか失敗を紹介しましたが、こういった点は造園業を扱う庭師であればよく注意をしてくれます。やはり素人感覚でやるのは大変だということでしょう。
庭師や造園業者ですと伐採で倒す前に倒す方向についてをよく検討、計算してからのこぎりやチェーンソーを入れるのですが、それでもやはり多少のずれが出てしまうことがあるとか。変な方向に倒れるのを防ぐためにワイヤーやロープを張ることもありますが、この張り方に失敗をして事故を起こす場合もあるそうです。
適切な管理をする庭師や造園業者であっても大変なのですから、慣れない人がやってしまえば倒した木によってガーデニングされた庭に被害が出るかもしれません。
ガーデニングのために伐採をやるのに、それでガーデニングを壊してしまうのは元も子もありません。
伐採の失敗例は下手に手を出してしまうとよく起こしてしまいますので、安全管理をしっかりとやる造園業の業者や伐採を扱う庭師に頼みましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ