伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -特殊な伐採方法について

特殊な伐採方法について

一般の伐採ではできない場合もあります

庭木の伐採をするというと、その根元から切っていく印象があるかと思います。多くの庭木の伐採の場合はそれで問題がないのですが、庭木の状態によっては特殊伐採をしないといけない場合もあるのです。
まず庭木が大きく育ちすぎて、一般的な伐採をしてしまった場合には倒れた庭木が家を壊したり、人に怪我をさせたりする可能性があります。他にも伐採をする場所が狭い時などは特殊伐採の出番です。
今回は、この特殊伐採がどのようにして庭木の伐採をしているのかについてご説明いたします。

特殊伐採について

現場が狭い、近くに建物があるといった場合には木の根から伐採をすることは難しいです。しかし新しい庭づくりのためにも伐採は必要なこととなっています。
この際に使われるのが特殊伐採という方法です。簡単に言いますと木を切り倒さずに伐採するものとなっています。
庭づくりとして大きな邪魔な木を伐採する時に、木の上に登って上から少しずつ枝や幹などを切り落としていく作業です。そのまま切った枝などを落とすと危険な場合には吊るし切りといって、切った幹などをロープで吊るして下に降ろすといった方法もあります。使われるのはワイヤーロープだけではなく、クレーン車を利用することもあるようです。
この吊るし切りなどの特殊伐採でしたら、ロープ掛けにした木を下ろすだけですので人が怪我をすることもありませんし、よほどのことがない限りは木が倒れることもありません。
この伐採の方法は個人の庭づくりだけではなく、神社仏閣などにある大木や倒れそうな古木に対しても行われています。いつ倒れるか分からないような伐採にも向いているのです。

技術が必要な作業です

木の上に登って、少しずつ切り落としていくだけという説明だと簡単そうに思えますが、実際には危険な上に技術も必要です。
ロープワークによって上に登っていかないといけませんし、どこをどうやって切っていくのかも技術や経験が必要になります。
何よりも安全管理のために技術が必要なのです。もしも自分でできるだろうと思われているのでしたら、止めた方が良いでしょう。特殊伐採を扱う業者におまかせください。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ