伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -庭木の伐採を決断するタイミング

庭木の伐採を決断するタイミング

庭木の伐採が必要ではありませんか?

もしもお庭に庭木が植えられているのでしたら、その庭木は伐採が必要になってはいませんか。「長年植えられているから伐採したくない」「庭木の伐採方法が分からないから放置している」そのようなことはありませんか。伐採が必要にも関わらず放置していては、その庭木がトラブルの原因になってしまうかもしれません。
庭木の伐採作業は、時に大がかりになることもあります。決して楽な作業ではないため二の足を踏んでしまう事も多いかと思いますが、来るべき時には伐採をご決断ください。

伐採するきっかけ

伐採に限らず、何か大変な作業をする際には、何らかのきっかけが必要になることがあります。それでは、庭木の伐採はどのようなきっかけから行われる事があるのでしょうか。

・庭造り
お庭の外観を良くしたり、広いスペースを確保するために伐採をする事があります。その際は伐採だけでなく、足元の邪魔になる木の根も抜根してしまうと良いでしょう。

・ご近所トラブルの回避
立派に生長した庭木は、時にトラブルの原因になります。住宅地ですと、木の枝が隣家に侵入することがありますし、枝葉や木の影が落ちてしまうこともあります。場合によってはアレルギーや害虫被害に遭うこともあり、それらを回避するためには伐採も考慮しなければいけません。

・庭木の病気
庭木も生き物ですので、病気になってしまうことがあります。病気で弱った庭木は強風などによって倒されてしまったり、周囲の庭木に病気を移してしまうことがあります。そのような事故を引き起こす前に、事前に伐採しておくことが望ましいです。

伐採は安全第一で

上記のようなきっかけに当てはまっていましたら、すぐに伐採を始めた方が良いでしょう。しかし、庭木の伐採をする際には安全対策を心がけてください。伐採は木を根元から切り倒す作業ですので、木が大きくなるほどその危険性は増していきます。倒れた木が住宅や外構、人に向かってしまうことがあります。また、落下した枝やチェーンソーのキックバックによって自分自身が傷を負ってしまうこともあります。
そのような事故を防ぐためには、リスクアセスメントを行わなければいけません。リスクを最小限に留めて伐採をするのです。しかし、伐採経験が無い方では木の伐採方法も分からず、リスクアセスメントも困難でしょう。そのような場合は、庭師に任せてみてはいかがでしょうか。庭師には伐採に関するノウハウもありますので、伐採や抜根、最後の後片付けまでお任せできるのです。伐採のタイミングとなりましたら、どのように進めていくのかもお考えください。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ