伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -病木の伐採は早めに行なう必要があります

病木の伐採は早めに行なう必要があります

庭木同士で病気が伝染することがあります

皆さんはうどんこ病という病気を聞いたり見たりしたことはあるでしょうか?実はこれは人間の病気ではなく、木の病気です。木の病気には他にもすす病やさび病と言ったものがあるのですが、これらは、周りの木に伝染していくことがある病気です。
感染した木は、樹勢が衰えて枯れてしまったり、果実を結実させる木については、収穫量が激減したり、収穫できても味や形やサイズが悪いなど、大変な被害があります。樹木の種類によって、感染する病気には違いがある場合がありますが、庭木だったとしても、お庭内だけでなく、隣近所、ひょっとするとその町全域に病気を広げてしまう原因になるので、病木の伐採については早めに行なう事が求められます。

病気の種類について(うどんこ病・すす病・さび病)

うどんこ病について
うどんこ病は名前の通り、うどんこ(うどん粉)をまぶしたように枝葉や花全体が真っ白になっていく症状が特徴で、光合成が妨げられるので生育不良を起こしてしまいます。実はこの病気の特徴として、例えば山茶花(サザンカ)で発生したうどんこ病は山茶花でしか発生しないという、樹木の種類が同じでないと発症しない性質があるようです。つまり、お庭に生えている木で周りのお家でも育てている木や果樹がうどんこ病になったら、早めに伐採しないと被害が広がる場合があります。

すす病について
この病気は葉や枝、幹の表面に黒いすす(煤)が付着したような状態になり、見た目を損なうだけでなく光合成の阻害による生育不良が起きてしまいます。
この病気も植物の種類によらず広く発生する病気なのですが、アブラムシやカメムシなど、植物の樹液を吸う害虫の糞などを栄養分として広がる病気なので、樹木の種類に応じて、発生しやすい害虫を把握し、駆除に務める必要があるようです。

さび病
さび病は葉の表面にサビが吹いたようになる症状が特徴で症状がひどい場合は葉の全体がサビに覆われたようになり、そのまま枯れてしまう病気です。樹木の種類としてはぶどうやビワ、サクラ、ツツジ、サツキが被害に遭うことが分かっています。

病気を防ぐことも重要です

せっかく植えた庭木なら、大きくなっても長く育ててあげたいと思うのが当然の心です。病木の伐採は早めに行なう必要がありますが、まずは病気にならないように予防することも考えましょう。病気を起こしやすい木は、肥料が多すぎたり、葉が密に茂りすぎて通気が悪いなど色々と原因があるので、剪定を適度に行なうなどしていくことも必要です。
しかし、それらの努力があっても、病気になってしまう場合もあります。その時は、周りへの伝染を防ぐための迅速な決断をしましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ