伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -今さら聞けない伐採の手順について

今さら聞けない伐採の手順について

庭木の伐採は危険な作業です

庭木の伐採というものは、多かれ少なかれ危険な作業です。倒れた庭木や枝に挟まれる危険がありますし、刃物を使う以上は怪我を負ってしまう危険もあります。そのため、よほど小さな庭木でなければ、庭木の伐採は伐採のプロに任せるのが良いでしょう。
しかし、人によっては庭木の伐採費用を節約するために、ご自身で伐採を行うという方がいらっしゃるかもしれません。また、「庭木の伐採を依頼するにしても、事前に知識を身に着けておきたい」という場合もあるかもしれません。ここでは、そのような方々に向けて、木の切り方について簡単にご説明いたします。

伐採の手順

1.準備
何度も言いますように伐採は危険なため、綿密な準備が必要になります。
まず、道具を揃えます。木の幹を切るチェーンソー(もしくはのこぎり)、枝を落とす鉈、倒れる木を引っ張るロープはほぼ必需品です。怪我を負わないように、ヘルメットや厚手の作業服なども身につけましょう。
これらの準備を終えましたら、作業日を決めます。風の無い、晴れか曇りの日がよろしいでしょう。

2.木を倒す方向を決める
倒れた木が家や人に当たらないように、切り倒す方向を決めます。可能なら、引っかかりそうな枝を切り落としておくと良いでしょう。また、初心者の方は倒れる方向を調整するためにロープをかけておくのがおすすめです。

3.伐採
まず、倒したい方向の幹に「受け口」と呼ばれる、くさび形の切れ込みを入れます。その後、反対方向に「追い口」を刻みます。
追い口を入れていきますと、木が受け口の方向に倒れ始めます。気が思う方向に倒れない場合は、ゆっくりロープを引いて調整します。倒れる際には、安全のために声を上げたり、ホイッスルを吹いたりするのが良いでしょう。

4.庭木の処分
無事に倒れましたら、枝を切り落としていき、処分しやすいように幹を分断します。その際、チェーンソーやノコギリの刃が幹に挟まらないよう、切り口が開くように固定しましょう。
道具を片付け、不要な枝や幹を処分し、庭木の処分は完了です。

無理な伐採は控えるべき

庭木の伐採の大まかな手順は、以上のようになっています。
しかし、実際にこれらを実行するのは難しいのです。それぞれの道具の正しい使い方を覚えなければいけませんし、メンテナンスも必要です。切り倒す方向も、斜面なら更に難易度は高まります。処分も、庭木のサイズによっては容易ではありません。
庭木の伐採費用を節約しようとして、逆に負担が上回ってしまうということもあるでしょう。木の切り方がわからないという方は、伐採を強行するのは避けましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ