伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ 伐採業者あれこれ-立木伐採

立木伐採

山林の引渡し時の立木伐採に関して法律の観点から考えたとき、土地の不動産とみなすかと、あるいは他の不動産としてみなすか、ここが焦点になるでしょう。 日本では明治42年にこれらに関する法律が制定されました。この法律では山林の取引は土地と森林で分かれています。したがって、多くのケースでは引渡しまでに立木伐採を行い、製紙原料や材木などにするのが一般的です。 山林の所有者が誤解するのは法律によって、土地の所有権を処分しても、その効力が及ばないという点です。つまり、土地とは別に抵当権が設定されていますし、実際に譲渡する際も土地と合わせてではなく、独立して引き渡すことになります。したがって、山林の所有者だから立木伐採を行っていいということにはならないのです。 これは、言い換えると山林のものみを担保にすることも出来るということです。要するに、森林は不動産であり、木材という資産ですから、それ相当の価値を持っているということになります。 したがって、これらには抵当権をつける事ができますし、抵当権がある立木の伐採についても法律が「抵当権を侵害している」と認めるということになります。無断で行ってしまうと、不法行為責任を負うことになりますから注意が必要です。 しかし、絶対に立木伐採を無断で行ってはいけないというわけではありません。適度な立木伐採等は、森林全体を維持するためにむしろ有益なことだと言えます。つまり、森林という不動産の軽微な変動については、法律上でも認められており、即違法行為になるというわけではありません。 基本的には民法の不動産に関する法律に準じている立木伐採。しかし、このような差があることも覚えておくべきでしょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ