伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -家を傷つける木は伐採が必要です

家を傷つける木は伐採が必要です

ガーデニングの一環のはずが

お庭をお持ちの方なら、誰でも一度はガーデニングに挑戦してみようと思う方も多いでしょう。特にお花だけでなく、庭木も植えてみたいという方もいるでしょう。庭木があることでお庭に身近な自然を感じる環境を作ることができますし、落葉広葉樹などを植えれば、季節ごとの姿を感じることもできます。
しかし、そのガーデニングの一環というごく軽い気持ちではじめた庭木が、家を傷つけてしまうことがあります。

育ちすぎると危険

庭木に植えられる木は、イメージとしては手間もかからずそれほど大きく育たないと思われている方も多いかもしれませんが、実際のところはどうなのでしょうか。庭木として植えられることもあるクスノキは、神社仏閣の境内や古くからの公園などに植えられていて、樹高十数メートルにもなることがある大木に育つ木です。苗木の頃には想像しないような大木になってしまうと、それはもうガーデニングの一環として育てることができる庭木の域を超えてしまいます。
もちろん、それだけのサイズに育つには何十年、何百年とかかりますが、それでも家の2階を超えるようなサイズに育つ庭木というのは珍しいものではありません。
大きいことは良いことだと言えるほど余裕がある土地なら良いですが、庭木が生えたことにより、お庭で使える面積が大きく減ったり、庭木の根が家の基礎を持ち上げたり、あるいは屋根などを壊しそうになっているのであれば、惜しいようですが伐採を念頭に入れておかなければいけません。

庭木の伐採と侮らない

庭木の伐採というと、やはり小さい木を相手にすることを考えがちですが、大きく育てばそれなりの準備をしてから伐採しないと大変なことになります。
特に広葉樹の場合は、葉を大きく広げていますので、そのまま切り倒すとあとの処理が大変です。まずは主幹から伸びた枝葉を切り落とし、それから幹の伐採に入るほうが、安全性が高い伐採が可能です。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ