伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -大きく育った木は伐採が必要になる事もあります

大きく育った木は伐採が必要になる事もあります

広葉樹の成長に要注意

お庭に植えてある木、どのような品種が植わっているのか把握していますか?
自分自身はお庭いじりを好きでなくても、同居しているおじいさんの楽しみであることもありますね。ある日気が付いたら新しい苗木が…なんていうことも。家族の誰かが手入れをしてくれているうちはいいのですが、もしそうでなくなったら?
こまめだった剪定がなくなった途端、庭の木がすごい勢いで成長し始める。そんなことがあります。広葉樹は日陰になるし、季節の変わり目に紅葉する葉の変化が美しいから残したいという気持ちもあるでしょう。積極的に残しているわけではないけれど、植えてあって困るわけでもなし…と判断を先延ばしの方もいらっしゃるかもしれません。
邪魔だなぁと思っても、伐採には費用が掛かることですから、踏み切るタイミングがわからない方も多いでしょう。伐採するのは大変だし、木もかわいそうだから枝だけ払って葉を落としにくくすればしばらくは大丈夫とお考えの方は、少し考え方を変えてみるのもおすすめです。
お庭に生えている木の中で、特にこまめな剪定が必要な木はどのようなものでしょうか。
広葉樹は、枝を四方に広く伸ばしその丈も巨大に成長する木だと考えてください。肥沃な立地にふさわしい大きな木なのです。その中でも、ケヤキ・イチョウ・クヌギ・クスノキは特に成長が早い木です。それぞれの特徴を知って、お庭にあるかどうか確認してみるといいかもしれません。

成長が早い木の代表は

[ケヤキ]
ケヤキは、箒を逆さまにしたような形に大きく枝をのばします。遠くから見たシルエットは美しいものです。樹は全体的に上の方に集中するので大きくなると、枝をはらうのにかなりの労を要します。ケヤキは堅い気質で、木目も美しいのに加えて湿気への耐久力も抜群です。堅いからこそ個人で伐採するにはより手間が折れるかもしれません。
[イチョウ]
イチョウはジュラ紀から生えていたことが確認されているほどたくましい生命力を兼ね備えている木です。春に花が咲いたのち銀杏できます。銀杏は独特な匂いがありますから、落ちると学校の先生に触らないように注意された経験はありませんか。学校や神社にたくさん植わっています。葉の色の移り変わりが美しい木ではありますが、巨大化する木です。
[クヌギ]
クヌギは日本全国どこにでも植わっている、どんぐりができる木です。薪に使われることが多いのは、成長が早いからというわけですね。お庭に複数あるようなら、伐採を考えた方がいいかもしれません。
「クスノキ」
クスノキもまた大きくなるので注意して成長を見守りましょう。成長の速さと性質の丈夫さで男児の成長を願って植えられることもあるといいます。そのようにしてこれから植えられる場合はクスノキの性質を理解したうえで、大きく育っても困らないところに植えるようにしたいものです。

枝が敷地外に出てしまわないように

自分の家の敷地内で木が大きく育っていくと、切るのはもったいなく思えてしまうこともあるかもしれませんが、枝ふりが大きくなり敷地外に出てしまうと、近隣へ迷惑がかかることも考えられます。トラブルになることは多いものです。伐採は思い切って早目の決断を心がけましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ