伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -隣家にはみ出した木はご近所トラブルの元になります

隣家にはみ出した木はご近所トラブルの元になります

お庭の木は管理が大切です

お庭があるお家に住んでいると、集合住宅では味わえない楽しみというものもあります。その1つが庭造りではないでしょうか。四季折々の表情を見せる庭木を植えることで、お家にいながら季節を感じることができますし、庭木が成長するごとに月日が経っていることを実感することもできます。
しかし、そんな庭木も放置していると、色々なトラブルを巻き起こします。例えば、枝が隣の家や道路にまで大きく張り出してしまうと、落ち葉が散らばって掃除のトラブルが考えられます。
また、お家の屋根を越えるような大木に育つと、今度は災害時に何が起きるかわかりません。台風の強風を受けて倒れるようなことにでもなれば、大変危険です。
もちろん、これを避けるためには定期的に剪定を行なうことで、木の大きさをある程度コントロールすることが求められますが、中々そういったことができないのも実情です。
では、ご近所トラブルの元になってしまった木については、どんな手段を講じる必要があるのでしょう。

半伐採(切り戻し剪定)で小さくまとめる

半伐採、もしくは切り戻し剪定と呼ばれる方法で、木を小さくまとめる方法があります。簡単に言えば、伸びすぎた枝を途中から切断して、適度な大きさに調整してしまう方法です。
切り口から雑菌が入り込んで腐敗したりしないように、切った断面には防腐剤を塗るなどしてアフターケアも必要です。
この方法の利点は、何と言ってもせっかく育った庭木をそのまま残しておける点にあります。
ただし、定期的な剪定が必要なことには代わりありませんし、大きく切るとその分木には負担がかかり、枯れてしまう恐れもあります。

伐採できれいさっぱり解決

木の高さや枝を少し調整したくらいではどうにもならないくらいの大木の場合は、剪定ではなく伐採を選択肢にすることも必要です。
今までずっと見てきた庭木を切り倒すのは心苦しいところもあるかもしれませんが、ここは思い切って伐採してしまいましょう。
しかし、大木の伐採については注意点があります。まず、木が大きいので、迂闊に切り倒せば自宅、もしくは隣家や道路に倒れ込んで大事故になる恐れがあるということ。もう一つは、切り倒した後の木の処分方法です。
これらに対処できるかを十分考えた上で、伐採を行なうかどうかを決定する必要があるということを忘れてはいけません。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ