伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -木の寿命と伐採のタイミングについて

木の寿命と伐採のタイミングについて

木の放置は危険

庭木はしっかりとメンテナンスしていますか。木にもメンテナンスは必要です。一時期話題になったニュースによれば、木が突然倒れてきて車や人に当たってしまったということがありました。もちろん誰かが切り落としたなどではなく何もしていないのに勝手に倒木しまったのです。
なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、メンテナンスをしていないので、状態がわからないことがあります。倒れてしまった木の中身はスカスカで、根もしっかりと張れていなかったようです。そのためちょっとした風などで根元から倒れてしまったのです。しっかりとメンテナンスをしていれば起きなかった事故というわけです。このようなことがもし自宅の庭木で起こったと考えるとぞっとします。

木の寿命は何年

先ほどのような事故は寿命がきてしまったときにも起こりうるものです。庭木は何年前に植えたか記憶にありますか。寿命は種類によってまちまちで日本に多く植えられているイチョウは数百年、ソメイヨシノなどの桜は70年、ケヤキは150年と言われています。
しかし寿命よりも早くダメになり、枯れ木や腐れ木になってしまうケースもあります。たとえば狭い場所に木が植えてある場合です。土のまわりをコンクリートなどで固めてあると根を伸ばすことができなくなり、十分な養分が取れないため寿命も縮まります。そのため寿命とコンディションを見ながら伐採のタイミングを考えなければなりません。

木の伐採は季節を選んだほうがいい

寿命を伐採タイミングにするのはいいことだと思いますが、伐採の季節を知っていると伐採が楽になると言われています。たとえば根が水を吸い上げ終わる11月終わり頃や葉が落ちきった冬場などが切れ方や葉の処理が楽だと言われています。
もし切った後木材に使用する予定ならば冬がおすすめです。また伐採後はまた新芽を植えて新しく別の種類を育てて新緑を楽しむのもいいと思います。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ