伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -切り倒す前に準備は必要?伐採の基本的な手順について

切り倒す前に準備は必要?伐採の基本的な手順について

庭木の伐採に必要な道具

庭木が伸びすぎた場合、伐採を検討される方も多いかと思います。では伐採を行う際、どのような手順で行えばよいかここで紹介していきます。まずは伐採を行う前に必要な道具を揃えましょう。はじめに、ノコギリ、チェーンソーです。伐採する木が数本程度であれば、ノコギリで大丈夫です。しかし、多くの本数を伐採するのであればチェーンソーを準備しましょう。当然、チェーンソーを使用する際には危険が伴うので、説明書をきちんと読んで十分注意しましょう。次に、防護メガネ、防護服。ノコギリやチェーンソーなど刃物系の道具を使う際には飛び散った木屑や刃から目や体を守る必要があります。次に、ヘルメット。頭上から木が落ちてくることがあるため、頭もしっかりと守りましょう。次にシャベル。木の根っこを掘り出す際に使用します。次に、ロープです。伐採した木を狙った方向に倒すために必要となってきます。丈夫な物を準備しましょう。また、予備のロープも用意しておくとよいと思います。最後にゴミ袋、ガムテープなどの廃棄用資材です。伐採した庭木を可燃ごみとして処分するときに使います。

伐採の方法

庭木の伐採はきちんとした手順を踏まえて行わないと危険です。しっかりと注意していきましょう。まずは、伐採を始める前に木を倒す方向から決めていきます。木は倒れると非常に重たいため方向を決めずに伐採を行うと、自分の家やお隣の家に倒れ壁や窓が破損したり、通行人や自分自身に倒れ怪我をしたりする恐れがあります。倒したい方向にロープを張っておけば、予想外の方向に倒れる可能性は低下します。事故を防ぐためにも必ず行いましょう。ロープの準備ができたら伐採を行います。細い木であれば、自分の肩くらいの高さで一度切ってから、根元を伐採しましょう。太い木であれば、安全のために切り口を刻みましょう。方法としては、幹の直径の1/3程度を目安に30度~45度の角度にくの字に切り込みを入れます。この切込みを受け口と呼びます。受け口の下部は地面と水平になるようにしてください。次に、追い口と呼ばれる切り口を入れていきます。追い口とは、受け口の反対側に入れる水平な一本線のことです。受け口の2/3程度の高さに入れてください。この追い口も幹の1/3程度まで切り込みを入れましょう。それぞれ刻んだ後、追い口側から受け口側に向かって木を押せば倒したい方向に倒れていきます。伐採した庭木をどかした後、残った木の根っこも抜いておきましょう。シャベルで土を掘り起こして引っ張れば抜くことができます。もし、根や土が固く、抜くことが難しい場合は水で濡らして柔らかくすれば抜けやすくなります。徹底的に除去したい場合は除草剤を使用しましょう。

伐採した庭木の処分方法

伐採した庭木は可燃ごみとして捨てることができます。自治体の指示に従って指定の長さ以下に切りそろえたりひもで縛ったりしてから指定のごみ袋に入れて処分しましょう。クリーンセンターや清掃局でゴミの持ち込みを受け入れている自治体であれば自分で運んで処分する、という方法もあります。また、庭木を伐採する前や伐採した後に供養やお祓いをした方が良いという話を聞いたことがありませんか。これは、昔から御神木などと言われているように木には神や精霊が宿ると信じられていることからきています。もし、庭木の伐採を検討している方で気になる方がいたら、一度神社に相談してみるとよいでしょう。
伐採の手順は以上です。庭木の伐採を行う際にはしっかりと準備をして安全に作業を進めましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ