伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -伐採した木の処分方法は?再利用できる?

伐採した木の処分方法は?再利用できる?

自分で伐採した木を処分するときは

伐採した木をどうやって処分すればよいか困ったときはありませんか?
可燃ごみなのか、粗大ごみなのか、果たして普通のゴミ出しの日に伐採木を捨ててもいいのか、悩むことがあるかと思います。
今回は、伐採した木の処分方法とリサイクルについてご紹介します。

家庭で伐採した木は、一般廃棄物として扱えるのでゴミ出しの日に捨てても構いません。
可燃ごみや粗大ごみに出せる伐採木は細い枝やゴミ袋に入る程度の大きさの木です。長い木でしたら30㎝ほどに短くしてゴミ袋に入るようにすると良いでしょう。
可燃ごみや粗大ごみとして捨てる際は、枝の長さを切りそろえて紐で縛っておくようにしましょう。木の量によっては、可燃ごみでは扱えずに粗大ごみとしての処分になることもあるので、自治体のルールに従いましょう。

捨てるのはもったいない!伐採木のリサイクル

今まで、ゴミとして処分する方法を紹介してきましたが、伐採した木を再利用する方法もあります。伐採木をウッドチップに変えて、バイオマス燃料にしたり、畜産や農業に利用したりすることもできます。また、木の大きさや質にもよりますが、ウッドチップだけでなく薪や木造古民家用の木材としても利用することができます。伐採木をリサイクルすることも念頭に入れて伐採を進めてみるのも1つの選択肢です。

大きい木を処分するときは

大きい樹木を処分する際には、自治体のクリーンセンターへ持っていく方法もあります。クリーンセンターでしたら、処分費用はかかりませんが、大きい木を運ぶ際にトラックなど輸送手段が必要になり、レンタル費用がかかるかもしれません。
また、注意していただきたいのが、太くて大きい木だと、チェーンソーを使って切らなければなりません。チェーンソーはホームセンターなどにも売っていて、買えばだれでも使えるとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、チェーンソーを使うには細心の注意を払う必要があります。安易にチェーンソーを使って木を切ると、自分の方向に向かってチェーンソーが跳ね返ってくることもあり大変危険です。また、油断をしていると倒木の恐れもあるため、自分で伐採するときは気を付けましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ