伐採のあれこれ

  • TOP
  • 伐採のあれこれ -伐採の種類を理解して正しく業者へ依頼

伐採の種類を理解して正しく業者へ依頼

どんな理由で伐採はおこなわれる?

木の伐採はどのような理由でおこなわれているのでしょうか?

1つは庭木の伐採です。家の庭に木が生えているという家庭も少なくありません。木は大きなシンボルになりますし、果物のなる木などは子供にも喜ばれます。しかし、木が大きくなりすぎて近隣の家に迷惑をかけたり、虫がつくようになったりして困っているという理由から木を伐採することがあります。

2つめは森林の伐採です。森林では木材として使用するために伐採をすることが多いです。他には山を切り開くためや、環境保全のためにおこなわれることもあります。

実は多い伐採の種類

伐採には5つの種類があります。これらの種類を知らずに業者へ伐採を依頼すると、思っていた施工とは違ったということが起こってしまうかもしれません。
●主伐
木を育て、大きくなった時に収穫するためにおこなう伐採です。木材として使用するためにおこなわれることが多いです。
●皆伐
一定範囲にある木をすべて切り倒すというものです。主伐と皆伐作業を並行しておこなうこともあります。
●択伐
人工的に育てた木のうち必要な分だけを伐採するものです。伐採したあとは新しく木を植えることもあります。
●間伐
木を育てるうえで、日当たりを遮るなど邪魔になる木を伐採するものです。環境づくりのためにおこなわれることが多いです。
●除伐
木の成長を促すためにおこなわれる伐採です。うまく育たなかった木を除くときにもこの除伐がおこなわれます。

伐採と抜根の違いとは?

よく間違えられやすいのが伐採と抜根です。伐採は木の幹を切り、木を切り倒す作業のことを指します。抜根の場合は木を切り倒すわけではなく、特殊な機械を使用して根元から抜き取る作業のことを指します。業者へ依頼する際、伐採と抜根を間違えて依頼してしまうと思わぬ事態になることもあるため、覚えておきましょう。

伐採業者おすすめナビ一押し

おすすめ伐採110番

伐採110番

サイト名 伐採110番
URL http://baxtusai-navi.jp/
TEL 0120-170-251
  • 公式HPはこちら
  • 徹底分析はこちら

伐採業者のあれこれ

ページの先頭へ